幅広い年齢を対象とする小児医療の重要ポイント

小児医療の現場では、通常の外科や内科、主に成人を対象とする病棟と異なるところがある。 小児医療の対象は出生後から15歳程度までが一般的とされているが、 小児特有の慢性疾患がある場合は成人後も小児医療の対象とされるため、0…