HOME>特集>自己破産は避けたいが借金返済がどうしても苦しいときの解決法

借金返済が難しいときの助け舟

弁護士

銀行や消費者金融などの金融岐南から、誰でも比較的簡単にフリーローンを申し込むことができます。急にお金が必要になったときなどに、とても便利で確かります。フリーローンを利用する場合は、必ず返済計画をしっかり立てておかなければ、後から大変になります。実際に借金が返済できず、苦しい生活を強いられている人も少なくありません。ただ、どうしても借金返済が難しい場合は、債務整理を行って借金を減らすことができます。債務整理といえば自己破産をイメージする人も多いことと思いますが、自己破産だけが債務整理の手段ではありません。確かに自己破産は借金をゼロにすることができる究極の方法ですが、それによる弊害も少なくありません。そこでおすすめなのが任意整理と呼ばれる方法です。名古屋の法律事務所ではこの任意整理を行うことで借金を減らすことが可能です。

まずは引き直し計算

弁護士バッジ

名古屋の法律事務所では、まず引き直し計算による任意整理が行われます。これは取引開始時に遡った上で、利息制限法の上限金利である15~20%を越えた金利でローンを組んでいた場合、上限金利にて計算をし直します。これにより過払い金を返還させることができるようになります。

残債を金利カットで返済

法律書

引き直し計算を行った後は、残債分を金利カットで3年程度で返済していくように交渉します。これにより返済額を減らすことができるわけですが、このような任意整理の金融機関との交渉を債務者個人が行うのは至難の業ですが、名古屋の法律事務所であれば経験と知識を活かして確実に行ってくれるので安心です。